◇基本の観葉植物の育て方
置き場所

風通しのよい明るい場所がおすすめです。暗い場所で管理する場合は時々陽の入る明るいところに移動してください。

夏は直射日光を避けてください。葉やけの原因になります。

冬10℃以下になる頃は、朝・夜の窓際の冷気にあたらないようにビニール袋やダンボールなどで保温してください。

*水やり

土の表面が乾いたらしっかりと水を与えます。水をあげるときは鉢底から水が出るぐらいたっぷりあげてください。水の量が少ないと土が水分を吸収して根まで水分が行ってないこともあります。

環境によっては水を与えるタイミングが異なります。日のあたる場所でよく乾くところでは2〜3日1回でいい日もあれば、あまり陽が当たらない風もあまりないようでしたら1週間に1回ぐらいで大丈夫な日もあります。土の乾きを確認してから水をあげましょう。

土が湿った状態で水を与えるなど水の与えすぎに気をつけます。植物の枯らす原因は水の与えすぎで根腐れを起こしてしまうことがとても多いです。

時々、葉を塗れた布で拭いてホコリを取ってあげます。葉が乾燥しないように霧吹きなどで保水します。害虫予防にもなります。

*肥料

成長期の春〜秋に与えます。緩効性固形肥料(規定の量)を1ヶ月〜2ヶ月に1回、液体肥料は2週間に1回程度施してください。

[植物の三大肥料]

リン酸:花や実をたくさん付ける作用がある。

チッソ:葉や茎を茂らせ株全体を大きくする作用がある。与えすぎると葉や茎ばかりが大きくなり花付きが悪くなる。

カリウム:病害虫や気温の変化に耐えられる強い植物を作る。不足すると古い葉の先端から黄化したり、根腐れを起こしやすくなる。

*病害虫

インテリアグリーンは病害虫の被害が少ない植物です。

葉を布拭いたり葉水するなどこまめに様子を見てあげることで病害虫が発生しても初期段階で防げます。

薬剤は必ず希釈倍率で薄めて説明書とおりに使用します。

薬害が出やすい晴れた日中は避けて、朝夕か曇った日に施します。劇薬成分が含むものもあるのでいったん戸外に出して散布しましょう。必ずマスク、ゴム手袋、帽子など着用しましょう。

 


<五十音順>
*アジアンタム *アラレア *エバーフレッシュ *エレンダニカ *オーストラリアビーンズ *コーヒーの木 *サンセベリア *シェフレラ *シマトネリコ *ストレチア・レギネ *パキラ  *ピンポンの木 *フィカス・ウンベラータ *フィカス・サリシフォリア *フィロデンドロン・シルバーメタル *フランスゴム *ポニーテール(トックリラン、ノリナ) *ポリシャス *モンステラ *ヤシ類


数の目安・・・育てやすい☆☆☆3つは⇒初心者向き  1つは⇒コツを掴んで中級者向き
 

*アジアンタム
アジアンタム
育てやすい ☆☆
ワラビ科ホウライシダ属 アジアンタム
○直射日光を避けた明るい室内または屋外は直射日光は避けてください。屋外は陰になる場所が向いています。
寒さにも強くないので室内の暖かい場所に置きます。
○水を好み乾燥に弱いので水切れに注意します。土の表面が少し乾いていたら水をあげます。
冬は気温が低い場所でしたら水は少し控えますが土の表面が乾いていたら水をあげます。
夏の乾燥やエアコンの乾燥でも葉がチリチリに乾燥します。
葉がチリチリに乾燥してしまったら株元からばっさり切り戻ししてください。成長期に新しく新芽が出て生えてきます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○株分けで増やします。
*水を好み乾燥に弱いので水切れに注意する。
*ばっさり切り戻ししても再生しやすい。
*直射日光にあてない。


*アラレア
アラレア
育てやすい ☆☆☆
ウコギ科シェフレラ属 アラレア 別名ディジゴセカ、モミジバアラリア
○耐陰性はありますが室内の明るい所に置いてください。陽を当てるほうが元気に育ちます。
直接陽に当てると葉焼けを起こす場合もあります。耐陰性はありますが、あまり暗いところに置いていると葉っぱを落とします。
冬は寒さにさほど強くないので室内管理にします。冬は葉を落とす場合がありますが暖かくなるとまた新芽が出てきます。
○比較的乾燥に強く、土の表面が乾いたら水をあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
土が湿っているのに水をあげると水腐れの原因になります。
冬は気温が低い場所でしたら控えます。冬は成長しないのであまり水を必要としません。乾燥気味にします。
暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○挿し木や取り木で簡単に増やせます。
*耐陰性はありますが陽に当てるほうが丈夫に育ちます。
*乾燥に強いほうですが成長期はしっかり水をあげます。
*成長すると葉が大きくなります。細い葉の方がよい場合は切り戻して新芽が出るとまた細い葉が出てきます。


*エバーフレッシュ
エバーフレッシュ
育てやすい ☆☆☆
マメ科・ピトヘケロビウム属 エバーフレッシュ 別名アカサヤネムノキ
○日光を好みます。耐陰性はある方ですが室内でしたら陽の入る明るい場所に置きます。
真夏の直射日光は葉焼けをするので半日陰ぐらいにします。
高温を好み水をよく吸い上げます。
冬は寒さに弱いので10℃ぐらいになったら室内管理にします。
○土の表面が乾いていたら水をあげてください。暖かい時期は水を好みます。
乾燥させると落葉します。葉水もできればします。
冬は気温が低い場所でしたら水は控えめにします。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木で増やします。
*日当たりの良いところの方がよく育つ。
*暖かい時期は水を好む。
*冬は寒さと乾燥で葉を落とすことがありますが暖かくなると新芽がどんどん出てきます。
*見た目より丈夫な観葉植物。


*エレンダニカ
エレンダニカ
育てやすい ☆☆☆
ブドウ科シッサス属 エレンダニカ
○日光を好みます。耐陰性はある方ですが室内でしたら陽の入る明るい場所に置きます。
真夏の直射日光は葉焼けをするので半日陰ぐらいにします。
高温を好みますが、寒さもある程度耐えます。冬は暖地なら屋外でも大丈夫です。雪や霜に当たらないように気をつけます。
○土の表面が乾いていたら水をあげてください。
土が湿っているのに水をあげると水腐れの原因になります。 冬は気温が低い場所でしたら水は控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○伸びた蔓を切って土に直接植えて挿し木にします。容易に増やせます。
○一般的に挿し木で増やします。
*日当たりの良いところの方がよく育つ。
*観葉植物の中では寒さに強いほう。


*オーストラリアビーンズ
オーストラリアビーンズ
育てやすい ☆☆☆
マメ科カスタノスペルマム属 オーストラリアビーンズ 別名ジャックと豆の木
○日光を好みます。耐陰性はある方ですが室内でしたら陽の入る明るい場所に置きます。
元々は高木なので陽のあたるところで成長も早く大きく育ちます。
小さい幼木時は矮化剤(成長を緩やかにする薬)が効いているため成長がゆっくりです。
あまり大きく育てたくない場合は室内の明るい所で管理するぐらいがよいのかもしれません。
冬は2〜3℃ぐらいまで耐えますので暖地では屋外で越冬します。
○土の表面が乾いていたら水をあげてください。
大きくなると水を好みますが小さな幼木時は通常の表面が乾いたら水をあげます。
冬は気温が低い場所でしたら水は控えめにします。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木または種で増やします。
*日当たりの良いところの方がよく育つ。
*ある程度成長すると水と肥料と日当たりでどんどん大きく育つ。
*寒さに強く暖地では屋外で越冬する。
*大きくなると5・6月に花が咲く。


*コーヒーの木
コーヒーの木
育てやすい ☆☆☆
アカネ科コーヒーの木属 コーヒーの木 
○日光を好みます。ある程度の耐陰性にも耐えます。
室内でしたら陽の入る明るい場所に置いた方が元気に育ちます。
夏の強い日差しは葉焼けを起こします。慣れれば葉焼けは起こさなくなります。
冬は寒さが苦手なので室内の暖かいところで管理します。
○土の表面が乾いていたら水をあげてください。高温多湿を好む植物です。
冬は気温が低い場所でしたら水は控えめにします。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木または種で増やします。
*日当たりの良いところの方がよく育つ。
*寒さだけ気をつけると後はそれほど手がかからない。
*冬の寒さと乾燥で葉を落とすことがありますが、暖かい時期に日のあたる場所に置いていると新芽が出てきます。
*木が1m以上育つと花が4月〜6月頃咲く。実は11月〜1月頃収穫期ですが、年間通して暖かな気候でないと実は収穫できない。


*サンセベリア
サンセベリア
育てやすい ☆☆☆
リュウゼツラン科 サンセベリア 別名:サンスベリア
○日光を好みます。耐陰性はある方ですが室内でしたら陽の入る明るい場所に置きます。
真夏の直射日光は葉焼けを起こすので避けます。
冬は寒さに弱いので10℃を下がると室内管理にします。
○多肉質なので乾燥にもある程度耐えます。土が乾いているのを確認して水をあげてください。
土が湿っているのに水をあげると根腐れの原因になります。
気温が10℃ぐらいになったら春まで水をあげません。 暖房のきいた暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して月1回程水をあげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に株分けか葉挿しで増やす。
*多肉質なので乾燥に強い。
*観葉植物の中では寒さに強いほう。
*冬は水をやらない。


*シェフレラ(カポック)
シェフレラ・コンパクタ
↑シェフレラ・コンパクタ
育てやすい ☆☆☆
ウコギ科シェフレラ属 シェフレラ 別名カポック
○耐陰性はありますが室内の明るい所に置いてください。陽を当てるほうが元気に育ちます。
直接陽に当てると葉焼けを起こす場合もありますが慣れると直射日光でも葉焼けを起こさなくなります。
冬は寒さに比較的強く、暖地でしたら屋外で越冬します。
○比較的乾燥に強く、土の表面が乾いたら水をあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
土が湿っているのに水をあげると水腐れの原因になります。
冬は気温が低い場所でしたら控えます。冬は成長しないのであまり水を必要としません。乾燥気味にします。
暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○挿し木や取り木で簡単に増やせます。
*耐陰性はありますが陽に当てるほうが丈夫に育ちます。
*観葉植物の中では寒さに強い。
*乾燥に強いほうですが成長期はしっかり水をあげます。

◎シェフレラ・アンガスティフォリアは他のシェフレラ属と育て方はほぼ同じです。
しかし他のシェフレラに比べると寒さに弱いところがあります。
冬は寒さで葉を落とすこともありますが春になると新芽が出てきて夏にはフサフサと元に戻ります。


*シマトネリコ
シマトネリコ
育てやすい ☆☆☆
モクレン科トネリコ属 シマトネリコ 別名タイワンシオジ
○耐陰性はありますが室内の明るい所に置いてください。陽を当てるほうが元気に育ちます。
小さい鉢の間は直射日光で葉焼けを起こしますが、大きく育ち慣れると直射日光でも葉焼けを起こさなくなります。
冬は寒さに比較的強く、暖地でしたら屋外で越冬します。
○水を比較的好みますので、土の表面が乾いたら水をあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
乾燥には少し弱いところがありますが、あげすぎると根腐れを起こしますので土の乾き具合を見てからあげてください。
大きくなり地植えした場合は特にあげる必要はないです。 冬は気温が低い場所でしたら控えます。土の表面が乾燥しているのを確認して数日してからあげます。
暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して通常通りあげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫は屋外管理の場合イモ虫、ハマキ虫に注意してください。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○挿し木や取り木で簡単に増やせます。
*生育旺盛で大きくなりすぎた場合、剪定が必要です。
*観葉植物の中では寒さに強い。


*ストレチア・レギネ
ストレチア・レギネ
育てやすい ☆☆☆
バショウ科ストレチア属 ストレチア・レギネ 別名 極楽鳥花
○日光を好みます。耐陰性はある方ですが室内でしたら陽の入る明るい場所に置きます。
花を咲かせるためでしたらよく陽に当てます。
高温を好みますが、寒さもある程度耐えます。冬は暖地なら屋外でも大丈夫です。雪や霜に当たらないように気をつけます。
○多肉質なので乾燥にもある程度耐えます。土の表面が乾いているのを確認して水をあげてください。
土が湿っているのに水をあげると水腐れの原因になります。 冬は気温が低い場所でしたら水は控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に株分けで増やす。
*多肉質なので乾燥に強い。
*観葉植物の中では寒さに強いほう。
*別名:極楽鳥花は縁起ののいい観葉植物として扱われている。


*パキラ
パキラ
育てやすい ☆☆
パンヤ科パキラ属 パキラ
○直射日光を避けた明るい室内または屋外は直射日光は避けてください。
陽がよく入る明るいところの方が元気に育ちますが夏の直射日光は葉焼けをおこします。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉っぱがどんどん増えます。
耐陰性はあるほうですが、暗いところに置いていると弱ってきますので、元気がない場合は光の入る明るい所に移動します。
冬は室内で管理します。冬に屋外で霜にあたると枯れます。8℃くらいまで耐えますが寒くなると落葉します。落葉しても春以降暖かく15℃以上になるとまた新芽が出てきます。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所では控えます。土の表面が乾いていて数日してからなるべく暖かな午前中にあげてください。
一日中暖房の部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋で午前中にあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。


*ピンポンの木
ピンポンの木
育てやすい ☆☆☆
アオギリ科ピンポンノキ属 ピンポンの木 別名ピンポンツリー
○耐陰性はありますが室内の明るい所に置いてください。陽を当てるほうが葉ツヤよく 元気に育ちます。
直接陽に当てると葉焼けを起こす場合もあります。耐陰性はありますが、あまり暗いところに置いていると葉っぱを落とします。
冬は寒さにさほど強くないので室内管理にします。(最低温度5度)冬は葉を落とす場合がありますが暖かくなるとまた新芽が出てきます。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所では控えます。土の表面が乾いていて数日してからなるべく暖かな午前中にあげてください。
一日中暖房の部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋で午前中にあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に種で増やします。
*耐陰性はありますが陽に当てるほうが丈夫に育ちます。
*日に当てて肥料を与えると大きく育ちます。(5m〜10m)
*ある程度大きくなると5月に花が咲いて夏に実がなります。


*フィカス・ウンベラータ
フィカス・ウンベラータ
育てやすい ☆☆
クワ科フィカス属
○直射日光を避けた明るい室内または屋外は直射日光は避けてください。
陽がよく入る明るいところの方が元気に育ちますが夏の直射日光は葉焼けをおこします。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉っぱがどんどん増えます。
冬は室内で管理します。冬に屋外で霜にあたると枯れます。8℃くらいまで耐えますが寒くなると落葉します。落葉しても春以降暖かく15℃以上になるとまた新芽が出てきます。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所でしたら控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も室温程度温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。


*フィカス・サリシフォリア
フィカス・サリシフォリア
育てやすい ☆☆
クワ科フィカス属 フィカス・サリシフォリア
○直射日光を避けた明るい室内または屋外は直射日光は避けてください。
陽がよく入る明るいところの方が元気に育ちますが夏の直射日光は葉焼けをおこします。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉っぱがどんどん増えます。
冬は室内で管理します。冬に屋外で霜にあたると枯れます。5℃くらいまで耐えますが寒くなると落葉します。落葉しても春以降暖かく15℃以上になるとまた新芽が出てきます。
部屋が暗いところでは葉が黄色く変色したり落葉します。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所でしたら控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も室温程度の温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木で増やします。
*流通量が少ない。
*明るい所の方が元気に育つ。
*繊細な細い葉がきれい。


*フィロデンドロン・シルバーメタル
フィロデンドロン・シルバーメタル
育てやすい ☆☆☆
サトイモ科フィロデンドロン属 フィロデンドロン・シルバーメタル
○直射日光を避けた明るい室内または直射日光のあたらない屋外に置いてください。
耐陰性は強いほうですが明るい所の方がよく育ちます。直射日光は葉焼けを起こすので避けます。
夏は暑さに強いですが、冬は5℃くらいまで。
冬は室内管理にします。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所では控えます。土の表面が乾いていて数日してからなるべく暖かな午前中にあげてください。
一日中暖房の部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋で午前中にあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木で増やします。
*耐陰性があるので室内管理がしやすい。
*冬は水を控える。(室内の気温が一日暖かい場合は普通にあげてください。)


*フランスゴム
フランスゴム
育てやすい ☆☆☆
クワ科フィカス属フランスゴム
○直射日光を避けた明るい室内または直射日光のあたらない屋外に置いてください。
耐陰性は強いほうですが明るい所の方がよく育ちます。直射日光は葉焼けを起こすので避けます。
夏は暑さに強いですが冬は耐寒5℃くらいまで。冬は基本室内で管理します。
観葉植物では寒さに強いほうです。関東以西の地域は耐性ができれば戸外で管理可能です。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は気温が低い場所では控えます。土の表面が乾いていて数日してからなるべく暖かな午前中にあげてください。
一日中暖房の部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋で午前中にあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○一般的に挿し木で増やします。
○環境が変わると葉が落ちることがあります。落ち着くとまた新芽が出ます。
*フィカス属の中では丈夫で育てやすい。
*耐陰性があるので室内管理がしやすい。
*冬は水を控える。(室内の気温が一日暖かい場合は普通にあげてください。)


*ポニーテール(トックリラン、ノリナ)
観葉植物ポニーテール
育てやすい ☆☆☆
リュウゼツラン科 ポニーテール 別名トックリラン、ノリナ
○よく日の当たる所に置きます。春〜秋は屋外の日の当たる場所に置くほうが元気に育ちます。
日当たりの悪いところで育てると葉色が悪く、なんとなくひ弱な感じに育ちます。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉がどんどん増えます。
葉をきれいに保つために、まんべんなく日が当たるように鉢回しをします。
観葉植物の中では寒さに強いほうで3℃くらいまで耐えます。冬は霜が降りるような寒い日は室内に取り入れてください。
○乾燥を好みます。土がしっかり乾燥してから水を与えます。あげるときはたっぷりとあげてください。
「トックリラン」というぐらいなので幹の膨らみに水分を蓄えています。なので乾燥に強いです。
冬は成長が止まりますので気温が低い場所でしたら水遣りは控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も室温程度温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。それほどたくさん与えなくても良く育ちます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
○挿し木もできます。
*乾燥を好みます。水のやりすぎに注意して下さい。
*しっかり日に当てて育てます。
*環境の変化、水のやりすぎなどで葉が黄色や茶色に変色したりします。
下側の葉から古くなった葉や木自体の消耗を押さえるために不要な葉を落とそうとします。変色した葉は取り除き、上から新葉が出てきていたら問題ありません。そっと見守りましょう。
*丈夫で生育期は生育旺盛です。


*ポリシャス
観葉植物ポリシャス
↑斑入りのポリシャス
ポリシャス
育てやすい ☆☆
ウコギ科タイワンモミジ属 ポリシャス 別名タイワンモミジ
○直射日光を避けた明るい室内または屋外は直射日光は避けてください。
陽がよく入る明るいところの方が元気に育ちますが夏の直射日光は葉焼けをおこします。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉っぱがどんどん増えます。
冬は室内で管理します。冬に屋外で霜にあたると枯れます。10℃くらいまで耐えますが寒くなると落葉します。落葉しても春以降暖かく15℃以上になるとまた新芽が出てきます。
○水は好むほうで土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
冬は成長が止まりますので気温が低い場所でしたら控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。水も室温程度温めをあげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。 ○一般的に挿し木で増やします。
*比較的多湿を好みますので乾燥に弱いところがあります。
*耐陰性はありますが日が当たるほうが元気に育つ。
*生育期は生育旺盛です。


*モンステラ
モンステラ
育てやすい ☆☆☆
サトイモ科モンステラ属 モンステラ
○直射日光を避けた明るい室内または陽のあたらない屋外に置いてください。
耐陰性は強いほうですが明るい所の方がよく育ちます。
直射日光は葉焼けを起こすので避けます。
夏は暑さに強いですが、冬は5℃くらいまで。冬は室内管理にします。
○水は土の表面が乾いたらあげます。あげるときはたっぷりとあげてください。
土が湿っているときに水をあげると根腐れを起こします。
冬は気温が低い場所でしたら控えます。暖かい部屋なら土の乾いているのを確認して暖かい部屋であげます。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニやカイガラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。
ツルが伸びるので切って土や水に挿して挿し木にすると容易に増やすことができます。


*ヤシ類
三角ヤシ
育てやすい ☆☆
ヤシ科ヤシ属 アレカヤシ、テーブルヤシ、ココヤシ、三角ヤシ、シュロチクなど
○明るい室内または屋外で育てます。
テーブルヤシ、アレカヤシは直射日光に当たると葉焼けを起こします。
陽がよく入る明るいところの方が元気に育ちます。ある程度の耐陰性もあります。
シュロチク、カンノンチクなどは日陰でも育てられます。
夏は暑さに強く高温多湿を好みます。新芽を増やし葉っぱがどんどん増えます。
寒さにあまり強くないので冬は室内で管理します。種類によっては暖地では戸外で越冬するものもあります。
ココヤシ、アレカヤシ、三角ヤシなど熱帯地域に生息する植物は耐寒性は10℃ぐらいです。
シュロチク、テーブルヤシなどは0℃ぐらいまで耐えます。霜にあたらなければ屋外で管理できます。 ○水遣りは5月〜10月土の表面が乾いたらたっぷりとあげてください。
冬は成長が止まりますので水遣りは控えます。乾燥気味に管理し暖かい日中に水遣りをします。
○肥料は固形肥料を1ヶ月1回程度(肥料により規定の量)または液体肥料を2〜3週間に1回程度あげます。冬は与えません。
○害虫はハダニ、カイガラムシ、アブラムシ。葉水など日々手入れをしていると予防になります。
発生した場合はブラシや布などで取り除くかオルトランなど薬剤を使います。 ○一般的に挿し木で増やします。
*比較的日陰に強い。
*耐陰性はありますが日が当たるほうが元気に育つ。
*生育期は生育旺盛です。

 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

■お支払


お支払は、クレジットカード(PayPal)、代金引換、銀行振り込み(りそな銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行)がご利用いただけます。
お支払を銀行振込でしたらお買い上げ商品合計から5%OFF

※ご注文確認画面および自動注文確認メールでは合計から5%引きになっておりませんが、後日店舗からのご注文確認メールで5%差し引いた合計金額の詳細を送ります。そちらを確認されてからお支払いお願い致します。
*入金確認後商品発送になります。

詳しくは→お支払・配送


■送料


●北海道・・・・1300円

●東北・・・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・・・・・864円

●茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
新潟・長野・富山・石川・福井
静岡・愛知・岐阜・三重
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
島根・鳥取・広島・岡山・山口
徳島・愛媛・高知・香川
大分・福岡・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・・・・・648円

●沖縄・・・・・1600円

送料は消費税込みです。


●メール便 全国一律160円


メール便ご利用の場合、お届け日・時間指定、代金引換は選択できません。

●配達日時指定は下記の通りです。

詳しくは→お支払・配送

Mail Magazine


Shop Manager
MINAMIDA
こんにちは!店長のMINAMIDAです。 花や多肉植物の様子や手入れなど紹介しています。 その他にも店長のひとり言を載せています。 これからも**サザンフィールド**をよろしくお願いします。
店長日記
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

*メールでのお問合せは24時間承ります。
営業時間:10:00〜18:00
*お問合せ*
メール:info@southernfield.jp

Mobile Shop
QR